多彩な講師陣(50音順)

大原秀徳

視能訓練士科科長。同志社大学経済学部卒業。北里大学医療衛生学部卒業。有資格:専修学校教員資格。TOEICスコア785(英検準1級)、FP技能士、Webデザイン検定(国)、Webクリエーター上級。米国Orbis会員。2015年、英国Liverpool大学研修。キャリア10年。

植田美津恵

医学博士・医学ジャーナリスト。日本思春期学会理事、日本未病システム学会評議員、愛知医科大学医学部客員研究員、看護師・保健師・法学士・社会科学修士、 厚生労働省研究班委員・経済産業省委員会座長。

桑原俊男

日本大学獣医学科卒業後附属病院研修・内科学専攻。日本大学大学院博士課程獣医学研究科解剖学専攻を経て講師歴任。主に解剖学を担当。

中野朋儀

国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科修士課程終了、自治医科大学附属病院麻酔科鍼灸外来担当。鍼灸治療は「産科・婦人科疾患」を専門に行っています。講義は臨床医学系を担当しています。公式サイト

羽原弦史

日本医科大学博士課程修了。足立区獣医師会専門部会長、NPO法人専務理事など地域発展のための活動や、病院長としてペットのオーナーさんの心のケアまで行えるよう勤めています。

広瀬智道

日本医科大学生理学教室、フィラデルフィアサイエンス研究所勤務。医学博士。専門は「右脳と左脳の大脳生理学」「皆に愛される優秀な医療スタッフの育成」など。特技は石焼いもづくり。

益田昭吾

東京慈恵会医科大学卒業。同大学名誉教授。医師として勤務する傍ら黄色ブドウ球菌の病原性の研究に従事。細菌の病原性を通じて医学と生物学の関係に深い関心を抱く。主な著書『病原体はどう生きているか』、『病原体から見た人間』(ちくま新書)