自分の意見を大切に

──視能訓練士の資格を知ったきっかけを教えてください。

家族に医療従事者がいることがきっかけです。それと幼少期に目が腫れて病院に行ったときに親切に話を聞いてくれた方が視能訓練士だったことで興味を持つようになりました。実は理学療法士を考えていた時期もあり、高校の担任からも進められていました。でも、じっくり本当に自分のやりたいことは何かと考えると「眼」に関することでした。家族の応援もあり先生方と十分に相談して「視能訓練士」への道を決めました。

──学校選びのポイントは?

浦和専門学校は社会人入学者も多く、自分より社会経験のある人が決めた学校なんだからと、信頼が持てました。セミナーに参加した時の先生の雰囲気も好印象でした。自分と世代の違う人とクラスメイトになれるチャンスは今しかないとも思いました。

──授業などについて。

実際に入学して教科書を見て、これは覚悟が必要だと思いました。しかし、だからこそ楽しみだなとも思いました。後期に入ってから実習の授業があり、戸惑う日々です。今やっている検査の意味や相手(患者役)のことを考えるように努力しています。同じ事柄でも言葉の使い方、目線などで相手の印象は大きく変わります。相手に不快感を与えないような言葉遣いを習慣にしなければならないと思います。定期試験は難しいです。期待通りの点数の時と、そうでなかった時の両方を経験しました。

──学校生活はどうですか?

友人関係を大切にしています。人は他者との関係で成り立っていること、自分にとって友人がどんなに大切かを毎日かみしめています。高校時代の友人、現在のクラスメイトどちらも大切にしたいです。体を動かすことが好きで、テニスなどをしています。今はアルバイトはしていませんが、接客業を経験したいです。また視能訓練士は女性の職業と聞いていましたが、クラスの女性陣のパワーに圧倒されています(笑。

──これまでお世話になった人へのメッセージをお願いします。

高校の先生方や家族と十分に話し合えて本当に良かったです。勉強は難しいですが、今の環境を選んだことに後悔はありません。本当に親身になっていただいて感謝しています。ありがとうございました。

──後輩へのメッセージをお願いします。

周りの意見は大事ですが、自分が本気でやりたいと思ったことでなければ続かないので、自分の意見を大切にしてほしいです。もし、やりたいことがあれば、それについて徹底的に調べることです。また、できるだけ多方面で研究するといいと思います。その中できっと好きなことが見えてきます。がんばれ受験生!!

Student : Seiya Fujita