世界一長寿国日本、これは著しく発展した科学技術医学の賜物といわれています。その反面、高度なIT社会によるストレス、かって経験のない高齢化社会とさまざまな問題も指摘されています。本校では、こうした時代に対応した人材を育成すべく平成13年に「鍼灸科」を、平成15年には「視能訓練士科」を設立しました。 世界中で見直されている東洋医学を礎とする鍼灸科は時代が求めている癒しを実現させる技能を習得します。 「視能訓練士科」では眼科検査や視能訓練の技能を習得します。 視能訓練は外国では幅広く行われており、国内における視能訓練士はとりわけ高齢者の検査や児童の弱視などの回復訓練に不可欠な人材として期待されています。視能訓練士の育成機関は少なく、設備の充実した本校は現在各方面から注目されています。 鍼灸師・視能訓練士とも、今後さらに必要とされる人材です。 本校のカリキュラムを修了し、社会に貢献できる人材として、素晴らしい人生に羽ばたかれることを願ってやみません。

理事長 荒川 剛二

基本情報

名称
学校法人古藤学園浦和専門学校
業務内容
専修学校<専門課程>
電話番号
0120-29-2233 【048-881-7111】
FAX番号
048-881-7100
E-mail
info@urasen.jp
所在地
〒330-0055 埼玉県さいたま市浦和区東高砂町30-8
運営責任者
荒川 剛二(理事長)

学園沿革

1941年4月
古藤早代子女史により浦和前地に古藤洋裁研究所創設。
1954年2月
私立学校法により「学校法人古藤学園」となる。 
1986年4月
専修学校専門課程の認可を得る。
1988年4月
浦和情報文化専門学校に校名を変更、情報ビジネス科Ⅰ部・Ⅱ部大学資格付与校となる。(文部科学省)
1990年1月
浦和情報文化専門学校高等課程が大学入学資格付与校となる。
1993年4月
創立50周年を記念し、CAD製図専門学校を越谷に開校。
2001年4月
「浦和専門学校」に校名変更し、医療専門課程「鍼灸科」を開講。
2002年2月
中国北京中医薬大学と提携調印
2003年4月
医療専門課程「視能訓練士科」開講
2006年4月
専門課程医療情報科「情報IT科」開講。同年10月CAD製図専門学校2号館設立。
2011年1月
CAD製図専門学校3号館設立(越谷市)
2015年4月
CAD製図専門学校5号館設立(越谷市)
2018年4月
CAD製図専門学校6号館施工(越谷市)

プライバシーポリシー・著作権

当サイトで収集される個人情報は、本人の許可なく第三者にプライバシー情報を開示いたしません。ただし裁判所、警察、消費者センターまたはこれらに準じた権限を持った機関から要請がある場合は、これに応じて情報を開示させていただきます。また当サイト上で公開している画像、写真、情報は特別に許可されている場合を除き事前に書面による許可を受けずに一部または全部を配布、複製することは、その手段、形態に関係なく一切禁じています。

学校評価報告書

平成29年度学校評価報告書(pdf)